スペインやヨーロッパでの旅行でおすすめSIMカードはこれ!

先日、スペインマドリードに行く際に、日本にいる間にスペインで使用できるSIMカードをAmazonで検討し事前購入し、現地で使用してみました。結論から言いますと、日本でのSIMの事前購入は、安心かつ即開通で便利ということです。では、どのようなSIMだったか見ていきましょう。

Threeデータ通信用プリペイドSIM

Amazonでヨーロッパで使用できるプリペイドSIMを探していて、いくつかの候補の中で一番価格が安くかつ評価が多かったのがこのThreeのSIMでした。Threeはイギリスの通信会社ので、今回購入したSIMはヨーロッパとオセアニアで使用できるものでした。私は3GB 90日間でテザリングができるSIMを購入しましたが、この他にも1GB 30日間のものや5GB 30日間のSIMもありました。

Amazonを見ていると3GBのデータ通信SIMが2種類あり、値段が100円くらい違っていて、この差は何?と思っていましたが、テザリングの可否でSIMが違っているようでした。今回私は現地でテザリングが必要でしたので3GB のデータ通信SIM(デザリング可)のSIMを購入。容量的には1GBで十分でしたが、1GBのSIMにはテザリングできない端末がありますと記載があり、現地で実際に使用できないととても困るため、この博打は避けてテザリング用を購入しました。

購入から到着までの日数

私の場合、平日火曜の朝にAmazonで購入手続きを行い、当日午後には発送完了のお知らせが届きました。株式会社ワイズ・ソリューションズさんが販売および発送をしています。送料無料のためゆうパケットでの配送になりますが、発送の翌々日には自宅の郵便受けに到着していました。東京からの発送でしたので、関東近郊で購入した場合2日間あれば届くと思いますが、遠方のへの配送はもう少し日数がかかる可能性があります。出国が間近の方は、余裕を持って注文されることをおすすめします。

ちなみに、前回インドネシアのSIMカードを購入した時も、ワイズ・ソリューションズさんの販売および発送でした。会社を調べてみると、アジア、アメリカ、ヨーロッパの通信業者さんと代理店契約を締結しており、さまざまな渡航先のプリペイドSIMを扱っているようです。Amazonでのストアの評価も良く、購入後も無事にSIMが届いたか確認のメールも送ってくれるため、信頼できるストアだと思います。今後も他地域でのプリペイドSIM購入でお世話になるかもしれません。

※ブログ執筆時にAmazonを確認したところ、SIMの発送元がAmazonに変わっていました。Amazon発送だと発送までの時間がもう少し早くなるかもしれませんね。

商品開封

こちらのSIMは日本では使用できないため、スペイン行きの飛行機の中で開封しました。さて中身を見ていきましょう。

パッケージ表です。右下に3の文字がありますね。Top up(日本でいうチャージ)すれば3GB以上使えるようです。

パッケージ裏です。Your Three Numberというのが電話番号ですね。データ通信SIMなので通話はできませんが、SMSは使用できました。

パッケージを開封するとSIMカードが付いている台紙と説明書が同封されていました。SIMカードは標準、マイクロ、ナノサイズの3種類に対応しています。

同封している説明書。3種類のSIMについてやTop upの料金の説明など。

こちらはワイズ・ソリューションズさんが同封してくれた設定手順書。私のSIMフリーのiPhone 7ではSIMを入れるだけで通信できたので、特に必要ありませんでした。

Three SIMの利用可能国一覧。ヨーロッパ、アメリカ中心で、アジアで利用できる国は少ないですね。帰国後に2GB程データ容量が残っていたのですが、日本で利用できないのがもったいなかったです。

通信開通と通信速度

マドリードに到着してiPhoneの電源を入れてみたところ、すぐに2つのSMSが別々に届きました。

 

これでデータ通信ができると思い、Yahooニュースでも確認してみるか!と思いインターネットを開いでも全然アクセスできず。。。

あれ?何か設定しなきゃダメなのかな?と少し考えているうちに、あっ!と思い出しました。私は普段SIMフリーのIPhoneで日本ではmineoのSIMを使用しています。日本国内のMVNOを使用している方はご存知かと思いますが、MVNOを使用する際にはプロファイルという設定ファイルをインストールする必要があります。mineoのプロファイルがインストールされている私のiPhoneはThreeのSIMを入れてもmineoの設定でデータ通信しようとするため、これを削除する必要がありました。何度も同じ経験をしているのに、いざ海外に来るとこの作業を忘れてしまいます。プロファイル削除後は無事に通信できました。

ちなみに気になる通信速度ですが、マドリードの中心部でダウンロード8.68Mbps、アップロード2.86Mbps、Ping 122msでした。

3G通信でこのくらいの通信速度なら特にストレスなく通信できます。Google Mapはもちろん、You Tubeも普通に見れます。この後にPCでテザリングを試しましたが、こちらも特に問題なく接続できました。DropBoxでファイルをアップロードする作業があったのですが、こちらは少し通信速度が遅く思っていたより時間がかかりました。通信が途切れることはなかったのでOKですが、3G通信ですからこんなものかもしれませんね。

まとめ

やはりSIMの事前購入はとても便利です。入国前にすでに通信手段が確保されていることはとても安心できます。現地到着後にSIMの手配となると、入国審査、荷物のピックアップ、両替、SIMの購入と設定といった感じであっという間に時間が過ぎてしまいます。私はテザリングが必要でしたので、3GBのSIMを購入しましたが、短期間での旅行の方は1GBのSIMでも十分かもしれません。ヨーロッパに旅行される方はぜひ参考にしてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.