イギリスに行くならこのSIM一択!格安SIMのgiffgaffがオススメ!

スポンサーリンク


ここ最近、ヨーロッパに行く際にはairBalticCardというSIMカードを挿入し、現地でスマートフォンを使用していました。先日イギリスに行く機会があり、イギリスのSIM情報を調べていたところ、giffgaffという日本でいう格安SIMがあることを知り、この機会に実際に試してみる事にしました。

短期でも長期でもgiffgaffを使わない手はない

結論から言いますと、下記条件に当てはまる方であれば、giffgaffを使わない手はありません。

・無料でSIMを入手したい。
・イギリスへの出発まで2週間以上の期間がある
・日本で事前にSIM入手し、アクティベートなどの準備を余裕を持ってしたい。
・データ通信だけでなくイギリスの電話番号を持ちたい。

SIMカード自体は無料なので、悩んでいる方でもとりあえずオーダーするものありです。また、当サイトからお申し込みいただくと申込者と紹介者双方に5£のボーナスが付与されるので(2019/8/31までは10£が付与されるキャンペーン中)、この記事を読んで役に立ったと思ってくださった方は、こちらから申し込んでいただけると嬉しいです。giffgaff SIMのオーダー

なぜgffgaffが良いのか

①SIMカードの費用が無料である

海外で使用できる多くのSIMカードは基本的に有料で、私も渡航前にAmazonなどで購入します。データ量と期間が決まっているプリペイドタイプの他に、SIMカードのみを購入してプランを後から申し込むタイプのものがありますが、giffgaffは後者のタイプです。SIMカードはgiffgaffのHPから直接申込みが必要ですが、なんとイギリスから無料でSIMカードを送ってくれます。かなり太っ腹ですね。

冒頭に出発まで2週間以上の期間がある方向けと書いたのは、イギリスから送られてくる期間を要するためです。私は金曜の夜にオーダーして、翌々週の月曜日に到着しましたので10日間ですね。早い方だと月曜にオーダーして金曜に届いたという情報もありましたが、giffgaffはヨーロッパ以外は5営業日以上としているので、2週間見ておけば大丈夫でしょう。

②毎月プランの変更ができる

日本の格安SIMでも毎月契約プランを変更できる会社がありますが、giffgaffも同じく変更可能です。プランは通信量によって数パターンしかなく、いずれも一ヶ月契約といたってシンプルです。契約が満了するとそのまま契約が切れるため、登録してあるクレジットカードから自動で引き落とされる心配もありません。もちろん自動更新で翌月も同じプランを継続することもできます。

③イギリスの電話番号を持てる

giffgaffではSIMをアクティベートすると自動で電話番号が付与されます。海外からの電話はLINEやSkypeなどデータ通信で賄えるので、特に電話番号は不要という方は多いと思います。私も同じような考えで、今まで特に困ったことはなかったのですが、イギリスのGettというタクシー配車サービスを使うときに、アプリでSMS認証が必要になりました。日本のSIMを挿せばSMS受信はできますが、海外で日本からのSMS受信は有料の場合が多く、さらにSIM入れ替えの手間もかかるので、できれば避けたいところ。イギリス国内で電話したいケースもあったりすると、電話番号を持てることは大きなメリットです。

④日本への電話が安い

giffgaffのSIMから日本への通話はクレジット残高が必要ですが、固定電話へは1分あたり4p(約5.2円)、携帯電話へは1分あたり12p(約15.6円)と非常に安価です。(1£=130円の場合)
日本のキャリアの通話料が30秒あたり20円なので、イギリスからgiffgaffのSIMで通話した方が安いということになりますね。

SIMの申し込み

当サイトからの申し込んでいただくと、5£クレジットが付与されます。2019/8/31までは10£が付与されるキャンペーン中です。giffgaff SIMのオーダー

英語サイトなので、名前や住所はローマ字で入力します。英語に不慣れな方で入力する住所の順番を多少間違ってしまっても、「Japan」と「Postcode/ZIP(郵便番号)」が正しければ、日本の最寄りの郵便局までは届きます。日本の郵便はとても優秀なので、多少の間違いがあっても届けてくれるケースが多いので信じて待ちましょう。

SIMアクティベーション

申し込みから10日間くらい経過した頃にSIMがお手元に届いていると思います。封筒に申し込み者の名前がある事に気づくでしょう。封筒を開封するといきなりSIMが貼り付けてあります。ここに記載されているアクティベーションコードをSIMアクティベーションのメニューで入力します。

注意:スマートフォンにSIMを入れなくてもアクティベーション可能です。プラン選択前にデータ通信をしてしまうと、想定外の料金が発生してしまう可能性があるため、SIMカードはプラン申し込み後の挿入をオススメします。日本のSIMまたはWifi環境でアクティベーションできます。

メンバー登録とプラン選択

SIMのアクティベーションコードを入力するとメンバー登録の画面に移ります。画面に従ってメールアドレス、パスワードを入力してメンバー登録を完了させます。

メンバー登録の後に契約プランが表示されるのでお好みのプランを選択しましょう。出発まで数日間ありすぐに契約が必要ない場合は、クレジットからトップアップ(日本でいうチャージ)することでアクティベーションを完了できます。その後、出発直前にプランの購入ができるので、10£入れておいても無駄にはなりません。

SIM挿入と設定

イギリスに到着したらgiffgaffのSIMをスマートフォンに設定しましょう。私はiPhoneXSを使用していますが、SIMを入れただけでデータ通信ができ、特に何も設定する必要はありませんでした。もし日本で格安SIMを使っている場合、構成プロファイルが邪魔をして海外SIMで通信できないケースも過去にあったので、データ構成ができない場合はプロファイルの削除を試してみてください。

通信速度

イギリスでは格安SIMに分類されるgiffgaffですが、通信速度は想像していた以上に速く、インターネットやYouTubeなど、全く支障がないくらい高速でした。ちなみにテザリングも使用できるので、仕事関係でイギリスに滞在する方もこのSIMがあれば、モバイルルーターなど別途用意する必要はありません。

まとめ

今後、イギリスへ渡航予定のある方は、ぜひ一度giffgaffをお試しください。無料でSIMが届いてさらにボーナスクレジットが付与されるので、この機会に準備しておくのもオススメです。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください